粒タイプの青汁で手軽にダイエット
バランスの良い食事と適度な運動

粒タイプの青汁で手軽にダイエット

青汁と聞いて最初に思い浮かべるのは水に溶かして飲む粉タイプの青汁だと思います。
しかし、今は青汁の形にもいろいろな種類が増えており、
ゼリータイプや粒タイプなどの飲みやすい青汁も多く販売されています。
ここでは、粒タイプの青汁について、少しご紹介をしたいと思います。

粒タイプの青汁とは簡単に説明をすると薬のように錠剤になっている青汁のことです。
粒タイプの青汁は、手軽に飲めることから働いている人を中心に少しずつ購入する人が増えてきています。
青汁ダイエットで効果を出すためには継続して飲むことが重要ですから、
青汁の飲みやすさはとても大切なポイントになってきます。

粒タイプの飲みやすさのポイントは2つあります。
まずひとつは、青汁を飲む手間が少なく場所を選ばないところです。
粉タイプの青汁は水やお湯などに溶かして飲む必要がありますから、
最低でも飲むまでに1~2分くらいの時間を要します。

外出先でお水があったとしても、溶かす作業が必要になってくるのでどこでも飲める訳ではありません。
たとえば、取引先の人と会食をしている時にいきなり青汁を水に溶かして飲むわけにはいきませんよね?
粒タイプの青汁も飲み込むために水は必要ですが、
ペットボトルの水さえあれば電車の中でもサッと飲むことが出来ます。

そして、外食をしている時でもお店で出された水さえあれば、
すぐに飲み込むことができるので人目も気になりません。

もうひとつのポイントは、青汁独特の苦味や青臭さを気にすることなく飲むことができることです。
粉タイプの青汁でも飲みやすいように改良された製品が多く販売されています。

ですが、飲みやすい青汁の中には主原料の他に様々な材料を組み合わせていたり、
甘味料を加えたりしている場合が多いのです。

ダイエット目的で青汁を飲む場合は、
主原料以外の材料を組み合わせることで青汁独自の効果が減る場合があります。
そして、ましてや甘味料が多く含まれているとダイエットを成功できない原因にもなるので
出来るだけ避けた方が良いでしょう。

ただ、錠剤の薬を飲み込むことが苦手な人は、粒タイプの青汁も飲み込めない場合があります。
粒の大きさが小さい製品が多いので心配はないと思いますが、
普段、錠剤の薬を苦手としている人は気をつけた方が良さそうです。

また、粒タイプの青汁のデメリットは量をたくさん飲まなければならないことです。
選ばれる製品にもよりますが、通常1杯の青汁と同じ量の栄養を取るためには、
粒タイプの青汁を20粒ほど飲む必要があります。

粒タイプの青汁を選ぶ時は、出来るだけ1日に飲む量が少ない青汁を選ぶか、
数回に分けて飲むようすることをお勧めします。

青汁を選ぶときのポイントはこちらhttp://www.healthhutch.com/7.html

Menu